仕事変えを確実ものとするためには、ありとあらゆる縁故を使う

昔と比べて、転職して行く人か増えてきました。しかも、就職して、入社20数年、30年という社歴を持つ人でさえ、停年退職前に転職する人が少なくありません。若い年代の人が転職することは、また、やり直しを含めて、比較的に容易にできるのですが、年齢が40代後半、50代ともなると、転職そのものが、とても難しくなってきます。会社の役員クラスだと、天下りという選択肢が残されています。

しかし、普通の管理職・社員になるとと、天下りはおろか、再就職先を探すことさえ、難しいと言わざるをえません。とは言うものの、現実的にこの年代の方々の天職が増えていることも事実です。それは、色々なコネを最大限には活かしているからです。いわゆる縁故を漬かった転職です。会社の元上司、元先輩、元同僚。あるいは、親戚の勤めている会社。色々な縁故がある可能性も残されているカモしれません。

例えば、営業の仕事を長年やっていた人であれば、取引先や自社の代理店へ転職することも可能性としてあるのです。

「自分には、そんなコネが思い当たらない。」

という人も実際にはいることでしょう。このような人々は確かに縁故を使う転職は難しいでしょう。50代の人で、早期退職後に無事に転職を果たした人がの言葉を耳にすることがありますが、

「転職を意識するのなら、30代、40代の頃から、人脈作りをチャンとやっておくべきだ。」

この言葉は、年輩者の方が転職をする時の現実的な手段と理解できます。若い頃から、転職を意識した人脈作りは、遠い未来のように感じるかのしれませんが、やっておいて損はないと思うのです。

30代の転職に必要になってくる管理能力と指導能力

転職をされる理由としては様々なことから考えられますが、例えば会社に不満を募らせたり、年収アップを望んだり、こうしたことは30代にもなると芽生えてくることも多かったりします。社会人としては十年選手とも呼ばれる30代にとって、世間から見れば脂の乗った世代でもありますが、働き盛りだからこそ転職を夢見ることも多く、男女問わず今後の仕事に対して今一度立ち止まりこのままでいいのかと考え直す時期なのかもしれません。

また30代の人材を求める企業も少なくありませんので、選択肢自体は豊富になっています。正し20代のときと同じような考え方をしていてはいけませんので、そこをしっかりと見つめ直す必要もあります。30代で転職をするために求人は欠かせませんが、即戦力なのか管理能力なのか考えておきましょう。30代は最も動ける人材でもあり、また教わったり教えたりする立場にもなってしまいます。

ここではリーダーとしてサポートすることと、モチベーションを上げること、人脈を作り会社に利益をもたらす人材でなくてはなりませんけど、今までのように若くも無く体力も20代に比べると比較的落ちてきます。ですから、これからは人を同上手く使っていくか、つまり管理職を見据えた考え方が大事です。また企業というのは30代の人材を採用するとき管理職としてどうかを基準にされていることもありますので、管理能力と指導能力を如何にアピールして転職をしなければいけません。

医療福祉系は人材不足のため比較的仕事を変えやすい

福祉サービスを利用している、または利用したいと考えている障がい者や実際にサービスを提供する市町村からの依頼により、その福祉サービスを利用するまでの申請手続きや、利用に必要となる利用計画の作成を主な業務としています。その他の業務としては日常生活での困りごとや、相談を受けより良い地域生活が営めるよう様々な助言や、必要な福祉サービスの情報提供、地域住民や関係機関に向けた障がい理解や啓発活動等を行う専門職。

職場の人間関係が一番の理由です。事務所自体が小さく、また地方都市にあったため職員のなれ合い感がとても強かったです。新人職員に対するあたりも強く、居場所が持てませんでした。優しく接してくれる方もいましたが管理職が絶対的な権力を持っていたため、上司の前では下手な動きができないといった様子で、風通しが非常に悪かったです。労働環境(勤務時間や福利厚生)はそれほど悪くありませんでしたが、職員の人数のわりに仕事量が多く、みんな自分のことで精一杯になってしまい、困っていることの共有などは一切できない状況でした。30代からでもこの業界は転職出来る事が多いです。

大学の教授や友達から福祉関係の仕事の情報を集めました。医療や福祉の業界は転職が多いため、口コミや、働いて初めて知る情報などが手に入りやすく、転職に必要な情報が得られることが多いです。また、実際に働いている先輩などの伝手で、求人広告は出していないが、職員を募集している職場の情報を集めました。他には医療福祉専門の求人サイトにも登録をし、慎重に選びました。

好きを仕事にするのが一番いい、ファッションなら人脈で転職

アパレルブランドの企画、また生産管理など諸々全般です。

店舗があるので人手が足りない時はヘルプもありますが、基本は事務所内での仕事が中心、展示会での発注に応じて附属や生地などの手配、また生産を依頼する工場の手配と納期管理などが中心です。

経験が浅いうちは先輩のアシスタント業務ですが、発注をまとめるのはすぐに慣れるので一ヶ月ほどで任されるのが普通です。

先々経験を積めば企画スタッフとしていろいろ具体的なデザインなどが出せるという流れです。

もともとファッションに興味があり服飾の専門学校に通ったことがありました。

在学中挫折して飲食の世界に入りましたが、続けるうちに未練があるのを自覚し、専門学校時代の先輩がいる会社でお世話になることになりました。

悩みは労働時間が不規則なことですが、これは業界自体それが当たり前なので仕方ないかもしれません。

ただコレクションや展示会前はかなり過酷な労働になりますので体調管理もたいへんです。

あとは人間関係が外部とのやり取りも多いのでかなりストレスは溜まる仕事です。

サイトなども含めていろいろと情報は集めましたが、やはり人脈を活かすのが手っ取り早いですし確実なのは否めません。

アパレルの場合はまさにその典型で、知り合いの口添えがあるかどうかで採用が決まるのが常です。

結局採用情報には魅力がある企業がなく、仮にあっても経験者優先でしたので、先輩の誘いを受けることにしました。

ただパターンがひけるとかの技術があればまた違う探し方はあったでしょう。

専門知識がないのでまず経験を積んで他に移るのがいいと思って今の会社にしました。

ハロワにイラッ 仕事を変えるなら自力が試されている

保険外交員といって自社の保険を提供したりライフプランを構成したり、人材育成に人材確保など営業だけではなく様々な仕事を与えられました。新規のお客様を掴み、アンケートをとり、現在加入中の保険の確認だけではなく、社会保障の説明などしながら今の保険が適切かの判断をしながら自社の保険の提案をし成約。成約後はアフターフォローとしてご挨拶や、住所変更の手続きや給付金の手続きなどをしたり、新人さんに同行したり、研修したりしていました。

前職も営業で一人での出張が多くかなり楽しかったのですが、直属の上司が某学会の熱狂的信者で土日の休みの度に上司から電話が来ては「今日、先生の演説があるから行こうよ」とお誘いが来ていました。

嫌われたらまずいと思っていたので同行していたのですが1年も続くとまったく遊べず、お盆も正月も電話の嵐で頭がおかしくなりそうになっていたので思いきって断ってみたら翌日から部署移動に取引先の相手に私の不評を流しアポイントが取れなくなり、減給。たまったもんじゃないと思って退職願を出して受理されました。

ハローワークに行ったけど全然相手にしてもらえませんでした。前職は1年半しか働いていないので「こんなすぐにやめたひとどこも雇ってくんないよ」とまで言われ当時22歳だった私を全く相手にせず案内も何もしてくれませんでした。

どうしたものかと思い派遣に登録したり、求人情報誌を見たりしていましたが高卒で正社員ははばが広くアルバイトでくいつなぐかと思っていたら、保険会社の人に声をかけられてお給料は低かったけど、正社員の魅力で即決しました。

好きなことを仕事に!ハローワークだって失敗しない適職探しが可能

自動車の営業では有名メーカーのディーラーにて新車の販売を行っておりました。主に店頭へ来られたお客様への対応や、既存客宅へ訪問し車の調子伺いと情報収集などの活動や、新規客開拓の為個人宅や企業への飛び込み訪問も行いました。平日は店頭へ来られるお客様は少ないですので、外出での営業が主でした。

コンピューターソフトの営業は、自社開発の業務用ソフトの販売を行っておりました。ここでも既存客宅へ訪問しての活動や、建築・土木業向けのソフトでしたので新規客開拓のため、建築・土木業の企業への飛び込み訪問も行いました。外出での営業が主でした。

自動車の営業マンをしていた時の悩みは拘束時間の長さでした。朝8時に出勤し、自宅への帰宅時間はほぼ毎日夜の11時ぐらいでした。帰ってからできることはお風呂と食事ぐらいで、自分の時間があまりとれませんでした。それと、子供がまだ小さかったので帰宅すると既に子供は寝ている時間で子供と会話することが仕事の日はほとんどありませんでした。休日も平日しかとれなかったので家族で一緒に出かけるということができませんでした。このままではいけないと思い、転職に踏み切りました。

まず、利用したのはハローワークでした。ハローワークでの活動と並行して転職サイトなども利用しました。昔からパソコンなどに触るのが好きで、ある程度の知識もありましたのでコンピューターに関われる仕事を探しましたが、やはり経験や資格がありませんので専門職への転職は厳しいものでした。結局は前職の営業の経験を活かせる仕事を探すことに決め、少しでもコンピューターに関われるコンピューターソフトの営業マンへ転職しました。前職の新車販売の仕事に比べ給料面では低くなりましたが、家族との時間が持てるようになりました。

睡眠不足と重大事故の危機を感じて仕事を変える事を決意

医療関係用品卸会社の物流倉庫でのフォークリフト作業です。朝はトラックから入庫検品場への荷物運び作業、検品場からラックへの仕入れ作業、昼からはラックから出荷検品場への荷物出し、検品場からトラックへの積み込み、これが1日の流れです。梱包作業はパートさんが行っていて、人数がどうしても足りない時だけそちらへ回されたりもします。また4月10月の棚卸し作業は大規模なので、その時だけ休日出勤がありますが、基本的には平日の9時から5時、残業無しの仕事です。

大阪から三重県への荷物配達を4トントラックで行っていたのですが、ショットガン運送といわれる配達のノルマが厳しくて参っていました。きちんと睡眠時間が取れないし、実際同僚は事故をおこしました。家族のためとはいえこの仕事を続けていてはいけない、という思いはどんどん膨らみ、荷物を積んでいた大阪中島にある物流のフォークリフト運転手が定時に帰れるということを知り、フォークリフトの運転なら問題なくできますし、私もそちらに転職したいと思ったのがきっかけです。

馴染めない仕事に固執しない、失敗しない適職探しを

銀行の営業は、クレジットカード、投資信託や生命保険の販売が主な仕事でした。窓口業務、出納、為替業務を担当することもありました。担当の営業さんについて、伝票作成や売り上げ向上のサポートをするのが主な仕事でした。それ以外に、電話対応や営業さんに代わってのお客様とのやりとり、売り上げ目標、実績の管理、商品の在庫管理や発注作業、請求書の作成などの仕事もありました。基本的には車内でパソコンを用いながら進めていく仕事が主です。

営業という仕事にどうしてもなじめなかったのが一番の仕事でした。元々、話もうまくなく営業に向いているとは思っていなかったのですが、売り手市場の波に乗り内定をもらっていい気になって、入ってしまえばなんとかなるだろうという安易な考えで入社したのが間違っていたのです。新卒で入って銀行の仕事についてもさっぱりわからないところに、ノルマを課せられ、どうにも動かず、お客様と話すことができなくなってしまい退職を決意しました。

地元の企業への転職を希望していたので、地元の新聞社が運営している転職サイトに登録しました。そしてハローワークに通いました。ハローワークではパソコン検索だけでなく、毎回職員の方と話すコーナーに行って、希望と合う会社はあるかも探してもらいました。そしてある日、職員の方と話すコーナーで、今日出た求人でまだネットにも出ていないけどどうかと見つけてきてくれた会社に連絡してもらい、面接につながりました。そしてその日のうちに内定の電話をもらい、次の日から働き始めました。