ハロワにイラッ 仕事を変えるなら自力が試されている

保険外交員といって自社の保険を提供したりライフプランを構成したり、人材育成に人材確保など営業だけではなく様々な仕事を与えられました。新規のお客様を掴み、アンケートをとり、現在加入中の保険の確認だけではなく、社会保障の説明などしながら今の保険が適切かの判断をしながら自社の保険の提案をし成約。成約後はアフターフォローとしてご挨拶や、住所変更の手続きや給付金の手続きなどをしたり、新人さんに同行したり、研修したりしていました。

前職も営業で一人での出張が多くかなり楽しかったのですが、直属の上司が某学会の熱狂的信者で土日の休みの度に上司から電話が来ては「今日、先生の演説があるから行こうよ」とお誘いが来ていました。

嫌われたらまずいと思っていたので同行していたのですが1年も続くとまったく遊べず、お盆も正月も電話の嵐で頭がおかしくなりそうになっていたので思いきって断ってみたら翌日から部署移動に取引先の相手に私の不評を流しアポイントが取れなくなり、減給。たまったもんじゃないと思って退職願を出して受理されました。

ハローワークに行ったけど全然相手にしてもらえませんでした。前職は1年半しか働いていないので「こんなすぐにやめたひとどこも雇ってくんないよ」とまで言われ当時22歳だった私を全く相手にせず案内も何もしてくれませんでした。

どうしたものかと思い派遣に登録したり、求人情報誌を見たりしていましたが高卒で正社員ははばが広くアルバイトでくいつなぐかと思っていたら、保険会社の人に声をかけられてお給料は低かったけど、正社員の魅力で即決しました。