仕事変えを確実ものとするためには、ありとあらゆる縁故を使う

昔と比べて、転職して行く人か増えてきました。しかも、就職して、入社20数年、30年という社歴を持つ人でさえ、停年退職前に転職する人が少なくありません。若い年代の人が転職することは、また、やり直しを含めて、比較的に容易にできるのですが、年齢が40代後半、50代ともなると、転職そのものが、とても難しくなってきます。会社の役員クラスだと、天下りという選択肢が残されています。

しかし、普通の管理職・社員になるとと、天下りはおろか、再就職先を探すことさえ、難しいと言わざるをえません。とは言うものの、現実的にこの年代の方々の天職が増えていることも事実です。それは、色々なコネを最大限には活かしているからです。いわゆる縁故を漬かった転職です。会社の元上司、元先輩、元同僚。あるいは、親戚の勤めている会社。色々な縁故がある可能性も残されているカモしれません。

例えば、営業の仕事を長年やっていた人であれば、取引先や自社の代理店へ転職することも可能性としてあるのです。

「自分には、そんなコネが思い当たらない。」

という人も実際にはいることでしょう。このような人々は確かに縁故を使う転職は難しいでしょう。50代の人で、早期退職後に無事に転職を果たした人がの言葉を耳にすることがありますが、

「転職を意識するのなら、30代、40代の頃から、人脈作りをチャンとやっておくべきだ。」

この言葉は、年輩者の方が転職をする時の現実的な手段と理解できます。若い頃から、転職を意識した人脈作りは、遠い未来のように感じるかのしれませんが、やっておいて損はないと思うのです。

将来、何かしらの理由で仕事やめたいと思ったときにスムーズに辞められる自信というものはその時までに構築してきた人間関係やご縁、そしてこれまでしっかりやってきたという自尊心だったりするのです。