好きを仕事にするのが一番いい、ファッションなら人脈で転職

アパレルブランドの企画、また生産管理など諸々全般です。

店舗があるので人手が足りない時はヘルプもありますが、基本は事務所内での仕事が中心、展示会での発注に応じて附属や生地などの手配、また生産を依頼する工場の手配と納期管理などが中心です。

経験が浅いうちは先輩のアシスタント業務ですが、発注をまとめるのはすぐに慣れるので一ヶ月ほどで任されるのが普通です。

先々経験を積めば企画スタッフとしていろいろ具体的なデザインなどが出せるという流れです。

もともとファッションに興味があり服飾の専門学校に通ったことがありました。

在学中挫折して飲食の世界に入りましたが、続けるうちに未練があるのを自覚し、専門学校時代の先輩がいる会社でお世話になることになりました。

悩みは労働時間が不規則なことですが、これは業界自体それが当たり前なので仕方ないかもしれません。

ただコレクションや展示会前はかなり過酷な労働になりますので体調管理もたいへんです。

あとは人間関係が外部とのやり取りも多いのでかなりストレスは溜まる仕事です。

サイトなども含めていろいろと情報は集めましたが、やはり人脈を活かすのが手っ取り早いですし確実なのは否めません。

アパレルの場合はまさにその典型で、知り合いの口添えがあるかどうかで採用が決まるのが常です。

結局採用情報には魅力がある企業がなく、仮にあっても経験者優先でしたので、先輩の誘いを受けることにしました。

ただパターンがひけるとかの技術があればまた違う探し方はあったでしょう。

専門知識がないのでまず経験を積んで他に移るのがいいと思って今の会社にしました。